【フォートナイト】普段からVCをディスコードで行っているプレイヤー必見!この4月に知っておいたほうがいい話
スポンサーリンク

※まだ噂の段階です

フォートナイトでVCをディスコードで行っているプレイヤーの皆さん、この4月ディスコードが大きな局面を迎える話をご存知でしょうか?

あんな便利がディスコがまさか・・・といったことになる前に、ぜひとも知ってほしいお話をこれからします。結果によっては、ディスコードの地位が危ぶまれるかもしれません。

スポンサーリンク

ディスコードがマイクロソフトに買収されるという噂

画像元:Discord公式

大手情報サイトBloombergによると、マイクロソフトがディスコード買収で交渉、100億ドル強-関係者によると、ディスコードがマイクロソフトに買収されるのでは?といった話が浮上してきました。

つまり、ディスコードがPCのOS、Windowsでおなじみのマイクロソフトのものになることを意味します。もともとディスコードは、Discord Incで開発されていましたが、買収されたら開発がマイクロソフトで行われることになります。

同サイトによると、4月にも決着がつく模様で近くにもどのような局面を迎えるか明らかになります。

スポンサーリンク

もしマイクロソフトに買収されたら見えるディスコードの悲劇

ここからは仮の話になりますが、もしマイクロソフトに買収されたらディスコードがどのような末路をたどるのかお話します。

マイクロソフトといえば、世界でもまれに見る大きな会社です。きっと便利にしてくれるに違いないと思われがちですが、真逆の方向に行くのではと懸念が広がっています

過去マイクロソフトは買収して失敗してる

実は、過去マイクロソフトは、昔、ディスコードの立ち位置にいたSkypeを買収しました。Skypeはディスコードが登場して間近くらいまでは、ゲームと言えばSkypeと言われるほどでした。誰しもがSkypeを入れボイスチャットを入れて会話を楽しんでいました。

がしかし、マイクロソフトに買収されてからは使いにくさからユーザ離れが加速し、ディスコードに地位を明け渡す結果になっています。今ではゲームならSkypeという人はあまりいません。

また、Android/iPhoneアプリでもおなじみだったクラウドでタスク管理ができる「Wonderlist」を買収しています。Wonderlistに至っては買収後開発を終了し、Microsoft to Doに変わってますが便利で使いやすい話はあまり聞きません。Wonderlistのときも別のツールに移行する話をよく聞いたものです。

マイクロソフトは過去に有名だったSkypeやWonderlistを買収していますが、成功とは言えません。もし、ディスコードがマイクロソフトに買収されたらSkypeやWonderlistと同じようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ディスコードに変わるツールがもう出てる!「Guilded」が急速な伸びを見せるか

画像元:Gilded公式

SkypeやWonderlistと同じような末路になるとしたら、ディスコードに変わるツールがあるのかどうかです。答えからするともうすでにあります。そのツールが「Guilded(ギルディッド)」です。

Guildedは、ディスコードに似たインターフェースです。PC、AndoridiPhoneに対応しています。仮にマイクロソフトに買収されたとしても移行しやすいです。

Guildedの大きな特徴は、サーバの中にゲーム別にサーバを作ることができ、ディスコードではチャンネルが有るとごちゃごちゃしてチェックがしにくかったが、Guildedはゲーム別なのでごごちゃごちゃ感がなく、スムーズにチェックできます。

ディスコードではBOTを導入しないとできなかったアンケートやスケジュール機能がGuildedでは標準でついています。ディスコードの常にいいところをとっているツールと見て問題ありません。またトーナメントを作成したり、ドキュメントを置けたり、多岐にわたる運営方法が可能です。

マイクロソフトが買収されたら、急速な伸びを見せるのではないでしょうか。今後の動向も要注目。

スポンサーリンク
おすすめの記事